タイヤ交換を簡単に行なうには│お客さんを支えるサイト

婦人

雪道でも走行できる

タイヤ

雪道を自動車で走行する時に気をつけることは、走行中に雪で運転が難しくなってしまうということです。雪道ではタイヤは滑りやすくなるため、ちょっとしたことで滑ってしまい事故を引き起こしてしまうでしょう。そのような事態を防ぐためには、雪道でも問題なく走行することができるようなスレッドレスタイヤを設置するようにしてください。今までは雪道を走行する際は鋲がついているタイヤを使用していましたが、スレッドレスタイヤには鋲が付いていません。鋲は雪道では走行が便利になりますが、雪道以外だとアスファルトを傷つけてしまうという問題がありました。スレッドレスタイヤならば道路を傷つける心配はありませんので、問題なく走行することができるというメリットがあります。このタイヤは柔らかいゴムを使用していて、どんな地面でも密着することができますからスリップすることを防ぐことができます。

雪が降ると地面に薄い氷の膜が張ってしまい、それが原因でタイヤが滑ってしまうのです。氷の膜ができてしまうのは雪道を走行した際に、タイヤが雪に圧力をかけて水に溶かしてしまいそれが凍ってしまうことでできます。ですから、雪道を走行している限り道路に氷の膜ができてしまうことは仕方がないことですから、スレッドレスタイヤに交換するなどの対応策を行なっておきましょう。スレッドレスタイヤは鋲が付いていないため、雪の降る季節以外でも使用することができると考えている人がいます。確かに問題なく走行することができますが、雪道に特化しているタイヤですから劣化するスピードも普通の車と違うので気をつけてください。