タイヤ交換を簡単に行なうには│お客さんを支えるサイト

婦人

交換する目安を知る

赤い車

自動車を問題なく走行させるためには、定期的にタイヤ交換を行なう必要があります。ですが、タイヤに関する知識を持っていない人ではどのタイミングで交換すればいいのか分からないでしょう。いくつかのチェックするポイントがありますから、それらを確認して交換が必要か判断してみてください。最初にチェックすることはその製品がいつ製造されたのかを調べることが大切です。製造年は製品の横に刻印されていますから簡単に調べることができますので、まずは確認するようにしましょう。4桁から6桁の数字が刻印されていて製造した年と、その年の何週に製造したのかが記載されています。次にタイヤでチェックする項目はひび割れやキズがないか、そこから亀裂が入っていないかを調べるようにしましょう。ひびやキズが大きくなると走行中に破裂してしまうことがあるため、事故を発生させてしまうことがあるのです。夏場になると地面は太陽の光のせいで温度が上昇してしまい、それが原因でひび割れを悪化させてしまい亀裂が入ります。夏場になるとタイヤの劣化は激しくなりますから、こまめにチェックして走行中に壊れてしまうことがないように気をつけてください。そして、最後に確認する箇所はタイヤの溝がどのくらいすり減っているのかということです。溝は車検では1.6mm以下は走行できないとなっていますので注意してください。溝が3.2mmになると性能が大幅に落ちるといわれているため、この位になったらすぐに交換することが重要です。性能の変化によって普段のように運転することが難しくなりますので、事故を発生させやすいといわれています。